※当サイトは個人サイトでありインターメカニカジャパンオフィシャルサイトとは関係ありません

80年代の356レプリカがインターメカニカ製なのか教えてください

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷  「エンスーの杜に356レプリカがインターメカニカ製と書いていましたが、本当ですか?」このホームページに来られた方で一番多いお問合せです。IM社では1980年代からポルシェ356のレプリカを世界で初めて製造しておりますが、現在のようにオリジナルチューブラーフレームになる以前はワーゲンビートルのシャーシを利用して製作されています。しかしそのほとんどは「組み立てキット」として販売され、完成車として販売されたのはわずかに100台程度です。従って現在のIM車と比較するべくも無く、内外装のクオリティ、そして走りのクオリティ、どれをとっても全く別の車と言っても過言ではないと思います。

 80年代後半に入り、インターメカニカジャパン代表の故堀井氏が企画製造に参画してからは日本人ならではの繊細なクオリティが劇的にアップし、スピードスターから日本でも使いやすいコンバーチブルDにモデルチェンジしました。その思いは今でも2代目IM社のヘンリー・レイズナー社長に受け継がれ、年々クオリティがアップしております。スピードスターの生産も復活しております。
※堀井正明氏は2009年に他界されました。謹んでお悔やみ申し上げます。

カルマンギアが教えてくれた空冷の楽しさ

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷  世間ではまだハイソカーやボーイズレーサーが流行っていた 20才の頃、初めて空冷エンジンの車を買った。それが1965年式VWカルマンギアだった。購入後数日経って発売された「Let's Play VW」という本を毎日ボロボロになるまで食い入るように見た。その本の中で初めて「ポルシェ356」の存在を知った。

 いつかはポルシェ356に乗りたい!と憧れの思いで数年…雑誌「ノスタルジックヒーロー」の広告でスピードスターレプリカが新車で買えることを知る。まだ20歳過ぎの私には到底手が出ない金額だったと思う。

オリジナルを余裕で超える満足度

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷 それから数年「インターメカニカ」の存在を知る。理想のコンバーチブルDではあったが、値段もビックリするほど高かった。。。 オリジナルのポルシェ356を超える性能と快適性を兼ね備えたインターメカニカは私の理想のクルマであった。しかしまだまだ若造の私にはとても手が届かない。その間にカルマンギアを3台、ビートルを1台、アルファロメオスパイダーを1台乗り継いだ。

 1959年型カルマンギアコンバーチブルの車検が近づポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷いた頃、たまたま中古車屋のサイトでインターメカニカに出会う。「これは縁」だと思い、翌日カルマンギアを下取りに出し契約をしてしまった。(後に1958年式カルマンギアも購入)

 初めて乗ったインターメカニカは、今まで乗ったどのクルマにも乗り味が違っていて、これこそリアルスポーツカーだと感じた。しかも扱いやすくクラシックカー特有の気難しさなど皆無で、多少無茶な運転をしても悲鳴すら上げない優等生なクルマだった。 

 私にとってインターメカニカがレプリカであることはどうでも良かった。なぜなら乗ってみれば「ポルシェ」だと感じたからだ。しかも50年前のポルシェのようにヨレヨレさもないし、他社のレプリカのように作りが荒いこともない。クラシックカーなのにこれほど気を遣わずに乗れるという幸せ!

ポルシェスピリッツを現代に伝える唯一のスポーツカー

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷街中を流しても楽しい。高速をかっ飛ばしても道路に吸い付くような足回りが楽しい。峠を攻めてもダイレクトに反応するエンジンが楽しい。こんなにオールマイティなクルマはそうそうありません。

私のインターメカニカは1991年式ですが20年経った今でも新車の輝きは失われていません。いまだに「フルレストアしました?」って聞かれます(笑)普通のクルマなら2度ほどレストアしないといけないと思いますが、ノンレストアなのに新車のようです!それほど質感が高く仕上がりが素晴らしいと思っています。あと20年は余裕で走れそうです。とても満足しています。

更新情報・おしらせ